入居を希望されるご家族様へ

TO THE FAMILY

スペース0
【入居を希望されるご家族様へ】
スペース10
開南ハピヒルズでは、ご家族様へ可能な限り当施設に足を運んでいただき、入居されている利用者様と共に過ごす時間を提案します。
どうしても、家で暮らすことができなくなった高齢者の方は、見知らぬ方々にお世話になり、慣れない住まいと、周囲には以前から
入居している多くの利用者がいて、認知症が進行していると「私は彼等とは違う」「なぜここにいるのだ?」と誰でも、最初は不穏になる
ことが予想されます。
「私は家族から見放されてしまった。。。」と考えるようになって不安になり職員が、いくらすすめても食事が喉を通らないこともあります。
そのうち活気がなくなり「これから、少しくらい身体が動けるようになっても帰る場所もないだろう」とリハビリ活動も拒否したりします。
そうなると、動かすことのなくなった手足は、拘縮がはじまり、関節の動かせる範囲がどんどん狭くなってしまいます。
家族の方が来てくれると、いつもこわばっていた顔の表情が穏やかになったり笑顔を見せたり、普段大人しく声を発することがなくても
その時には、大きな声が出るようになるなど、活動意欲が涌いてくるのです。
家族の方が来てくれると、少しでも元気に動けることを見せようと思って、リハビリを頑張ってくれる方もいます。
家族写真_01
食事介助のある方、無い方、身体に麻痺のある方、無い方、今度はいつ来てくれるのだろうか?
同じようにみんな家族を待ちわびています。
私達、職員がいくら利用者に親身になって語りかけても、ご家族様でしか与えることのできない心のバランス
安心感はご家族だけの絆なのです。
スペース30
そこで、私達よりお願いがあります。
スペース10
◆できる限り、顔をみせてください。
◆できる限り、声をかけてください。
◆できる限り、食事を一緒にしてください。
◆できる限り、入居者と触れ合ってください。

スペース10
開南ハピヒルズは要介護者の方でも、プライバシーを尊重し、「住み慣れた地域で、落ち着いた生活のお手伝い」をモットーに
高齢者が入所する施設のこれまでの暗い重苦しいイメージを変えるような造りとなっております。

それには私達、「開南ハピヒルズ」の一人一人の職員が、目的意識をもって仕事をすることで、入居者の残存機能を引き出し
入居者も家族の方も、不安なく安心した生活を過ごすことのできる施設になっていくと考えております。
スペース10